リクルートグループ団体保険人気ランキング

ご加入者がどんな商品・補償タイプを選んでいるのか、ランキング形式でご紹介!
保険加入のご検討にお役立てください。

性別をお選びください

  • 女性
  • 男性
女性

年代別、女性に人気の保険商品

ご加入者が選んだ保険商品を、ご年齢ごとのランキング形式でご紹介します。
「保険加入を検討しているけれど、どの商品を選んで良いかわからない」
という方はぜひご参考ください!

20~50代の女性のイラスト

20代~50代の女性で
ご加入が多い保険商品

20代30代40代50代
1位医療保険医療保険医療保険医療保険
2位がん保険がん保険がん保険個人賠償責任保険
3位個人賠償責任保険個人賠償責任保険個人賠償責任保険介護保険
4位就業不能保険就業不能保険介護保険がん保険
  • ※ 2022年2月28日時点で リクルートグループ団体保険にご加入いただいている方のデータから算出しています
  • 医療保険は幅広い年代で多くご加入いただいており、女性疾病等に備えるタイプもご用意しております。
  • がん保険は医療保険と並んで幅広い年代で多くご加入いただいています。
  • 個人賠償責任保険は家族の賠償トラブルも補償されます。40代・50代女性のご加入が多いのは子どもの賠償トラブルにも備えているのではないでしょうか。

各商品の詳細はこちら

保険商品一覧ページ

商品別、女性に人気の補償内容

商品ごとに、ご加入者から最も選ばれている補償内容をご紹介します。
「加入したい商品は決まったが、どの補償タイプを選べば良いかわからない」
という方は、ぜひご参考ください!

  • ※ 2022年2月28日時点でリクルートグループ団体保険にご加入いただいている方のデータから算出しています
医療保険

リクルートグループ団体保険
『医療保険』で人気の補償の組み合わせ

三大疾病・重度傷害一時金
?

がんと診断確定されたとき、または
急性心筋梗塞・脳卒中で入院したときに、保険金をお支払いします。

64.9%の女性加入者が三大疾病・重度傷害一時金を付加しています。

付加する

64.9%

付加しない

35.1%

  • 日本人の約4割が三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)によってお亡くなりになっています
  • 三大疾病への手厚い備えも、この機会にぜひご検討ください。

※出典:厚生労働省「平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況」

がん保険

リクルートグループ団体保険
『がん保険』で人気の補償の組み合わせ

補償の範囲
?

がん治療のため入院・手術をされた場合等に保険金をお支払いします。

80.5%の女性加入者が入院や手術、通院等も補償されるタイプを選択しています。

一時金
のみ

19.5%

入院や手術、通院等も補償

80.5%

  • 入院や手術のほか、通院でも保険金を受取れるので、長引くことのあるがん治療に備えられます。
介護保険

リクルートグループ団体保険
『介護保険』で人気の補償

介護補償保険金額
?

保険の対象となる方(被保険者)が所定の要介護状態となったときに、保険金(一時金)をお支払いします。

78.5%の女性加入者が300万円の一時金額にしています。

介護保険の一時金額グラフ
  • ご家族が要介護者となった場合、自宅の改修費用や車いすの購入などで初期費用がかかる可能性があります。
  • 要介護者一人にかかる平均介護費用総額は約494万円となっています
  • 受け取れる一時金が最も手厚い補償タイプでも、例えば40~44歳の方であれば月払保険料30円でご加入いただけます。

※出典:(公財)生命保険文化センター 平成30年度 「生命保険に関する全国実態調査」

各商品の詳細はこちら

保険商品一覧

保険料のお見積りはこちら

保険シミュレーション
男性

年代別、男性に人気の保険商品

ご加入者が選んだ保険商品を、ご年齢ごとのランキング形式でご紹介します。
「保険加入を検討しているけれど、どの商品を選んで良いかわからない」
という方はぜひご参考ください!

20~50代の男性のイラスト

20代~50代の男性で
ご加入が多い保険商品

20代30代40代50代
1位医療保険医療保険個人賠償責任保険医療保険
2位個人賠償責任保険がん保険医療保険個人賠償責任保険
3位がん保険個人賠償責任保険がん保険がん保険
4位就業不能保険就業不能保険介護保険介護保険
  • ※ 2022年2月28日時点で リクルートグループ団体保険にご加入いただいている方のデータから算出しています
  • 医療保険は幅広い年代で多くご加入いただいており、新しく保険加入を検討している方にぜひオススメしたい商品です。
  • がん保険は医療保険と並んで幅広い年代で多くご加入いただいています。
  • 日常生活の賠償トラブルに備えられる個人賠償責任保険も人気で、自転車保険加入義務化や月払保険料140円という安さを理由にご加入いただく方が多いようです。

各商品の詳細はこちら

保険商品一覧ページ

商品別、男性に人気の補償内容

商品ごとに、ご加入者から最も選ばれている補償内容をご紹介します。
「加入したい商品は決まったが、どの補償タイプを選べば良いかわからない」
という方は、ぜひご参考ください!

  • ※ 2022年2月28日時点でリクルートグループ団体保険にご加入いただいている方のデータから算出しています
医療保険

リクルートグループ団体保険
『医療保険』で人気の補償の組み合わせ

三大疾病・重度傷害一時金
?

がんと診断確定されたとき、または
急性心筋梗塞・脳卒中で入院したときに、保険金をお支払いします。

72.0%の男性加入者が三大疾病・重度傷害一時金を付加しています。

付加する

72.0%

付加しない

28.0%

  • 日本人の約4割が三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)によってお亡くなりになっています
  • 三大疾病への手厚い備えも、この機会にぜひご検討ください。

※出典:厚生労働省「平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況」

がん保険

リクルートグループ団体保険
『がん保険』で人気の補償の組み合わせ

がん治療の補償
?

がんと診断確定されたときに、
保険金(一時金)をお支払いします。

50.8%の男性加入者が手厚く備える保険金額にしています。

必要最低限で良い

49.2%

手厚く備えたい

50.8%

  • 保険料と補償内容を確認し、ご自身に合った保険金額を選びましょう。
  • 医療保険の上乗せとして補償追加される場合が多いようです。

補償の範囲
?

がん治療のため入院・手術をされた場合等に保険金をお支払いします。

81.2%の男性加入者が入院や手術、通院等も補償されるタイプを選択しています。

一時金
のみ

18.8%

入院や手術、通院等も補償

81.2%

  • 入院や手術のほか、通院でも保険金を受取れるので、長引くことのあるがん治療に備えられます。
介護保険

リクルートグループ団体保険
『介護保険』で人気の補償

介護補償保険金額
?

保険の対象となる方(被保険者)が所定の要介護状態となったときに、保険金(一時金)をお支払いします。

85.1%の男性加入者が300万円の一時金額にしています。

介護保険の一時金額グラフ
  • ご家族が要介護者となった場合、自宅の改修費用や車いすの購入などで初期費用がかかる可能性があります。
  • 要介護者一人にかかる平均介護費用総額は約494万円となっています
  • 受け取れる一時金が最も手厚い補償タイプでも、例えば40~44歳の方であれば月払保険料30円でご加入いただけます。

※出典:(公財)生命保険文化センター 平成30年度 「生命保険に関する全国実態調査」

各商品の詳細はこちら

保険商品一覧

保険料のお見積りはこちら

保険シミュレーション
無料でFPに相談する

保険の選び方を
プロに相談したい方は

無料でFPに相談する

資料請求する

保険商品パンフレットを見て
じっくり検討したい方は

資料請求する

リクルートグループ団体保険サポートデスク

0120-218-077

営業時間:平日9時〜17時(土日祝日/年末年始除く)

お問合せフォームはこちら

このホームページは、保険の概要についてご紹介したものです。

ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず申込み画面上の「重要事項説明書」をよくご確認ください。

ご不明な点等がある場合には、取扱代理店までお問合せください。

取扱代理店株式会社リクルート
リクルートグループ団体保険 事務局

お問合せ先はこちら

受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始その他会社指定の休みを除く)

引受保険会社
(団体総合生活保険)
東京海上日動火災保険株式会社

株式会社リクルートは
損害保険契約の締結の代理権を有しています。

保険についてどのような検討をしていますか?

新しく保険加入を
検討している方

保険の見直しを
検討している方

会員登録特典あり メールマガジン会員募集中

お⾦や日々の生活に関する役⽴つ情報をご案内!

特典の詳細を⾒る

リクルートグループ団体保険 ご加入済みの方

ご契約内容の確認やお問合せの方はこちら

ご加⼊者様ページへ