1. ホーム
  2. 保険商品のご案内
  3. 個人賠償責任保険

個人賠償責任保険

日常生活において他人の身体や
財物に損害
を与えてしまったときの
損害賠償費用等を補償する保険です。

3秒見積もり

年齢
性別

補償タイプ:F01

おすすめ

タイプ選択

主な補償内容
  • 保険金額
  • 国内:無制限
  • 国外:1億円
月払保険料
110 円/月
  • 特徴・ポイント
  • 保険料・補償内容
  • 補償の概要等
特徴・ポイント

個人賠償責任保険の特徴・ポイント

国内外において、日常生活で他人にケガをさせたり
他人の物を壊してしまったときや、国内で他人から借りた物や
預かった物(受託品)※1を国内外で壊したり盗まれてしまったとき等、
法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。

  • ※1 携帯電話、ノート型パソコン、自転車、コンタクトレンズ、眼鏡、1個または1組で100万円を超える物等は、受託品に含みません
  • ※国内での事故(訴訟が国外の裁判所に提起された場合等を除きます)に限り、示談交渉は原則として東京海上日動が行います

特徴 1
自転車保険義務化に
対応した保険です

自転車の事故に備える保険に加入されていますか?多発する自転車事故を受け、近年自転車保険の加入を義務付ける自治体が増えています

  • ※自転車保険とは自転車の事故に備える保険(個人賠償責任保険など)を指します

補償のポイント

  • 自転車保険義務化に対応した保険
  • 加害事故を起こしたときの損害賠償示談代行もしっかり補償

ご存知ですか?

東京都 自転車保険の加入義務化へ

2015年10月に兵庫県での義務化以来、全国の自治体で義務化の流れが広まっています。東京都でも2019年9月18日、自転車を利用する都民に損を義務付ける条例改正を行いました。自転車保険の加入義務化は2020年4月より施行されました。

自転車保険の加入を義務付けている主な自治体
  • ※2020年7月1日時点 
    リクルートファイナンスパートナーズ調べ

特徴 2
日常生活の賠償トラブルを
補償します

日常生活には、意図せず他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負うリスクが潜んでいます。相手に損害を与え、法律上の賠償責任保険が発生した場合は『個人賠償責任保険』で補償されます!

補償のポイント

  • 月々110円で加入可能
  • 法律上の損害賠償責任を補償(国内:無制限、国外:1億円)
  • 本人が加入すれば家族(配偶者や同居の子どもなど)も補償
  • 国内での事故※1は東京海上日動が示談を代行
  • ※1 訴訟が国外の裁判所に提起された場合等を除きます

ご存知ですか?

高額賠償判決の事例

ご加入される際のご注意点

「家族型」の補償となるので、ご本人のご契約で家族(配偶者や同居の子どもなど)も補償されます

※下記①~④に規定する方が補償の対象となります
 ①被保険者(保険の対象となる方)ご本人
 ②被保険者(保険の対象となる方)ご本人の配偶者
 ③被保険者(保険の対象となる方)ご本人またはその配偶者の同居の親族
 ④被保険者(保険の対象となる方)ご本人またはその配偶者の別居の未婚の子

  • ※親族:6親等以内の血族および3親等以内の姻族をいいます(配偶者を含みません)
  • ※未婚:これまで婚姻歴がないことをいいます
保険料・補償内容

個人賠償責任保険の
保険金額・保険料

保険期間:1年間
団体割引:20%
損害率による割引:25%

  • ※ご加入口数は1口のみです
家族型
性別男性・女性共通
タイプ名F01
保険金額国内:無制限・国外:1億円
保険料(月払)月々110円
  • ※こちらの商品説明は『リクルートグループ団体保険』の2021年2月1日(月)~2022年2月1日(火)までの加入契約について記載しております。記載内容(補償内容、保険料、割引率 等)は毎年見直される可能性があります

個人賠償責任保険の補償内容

国内外において、日常生活で他人にケガをさせたり他人の物を壊してしまったときや、国内で他人から借りた物や預かった物(受託品)※1を国内外で壊したり盗まれてしまったとき等、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。
相手に損害を与え、法律上の賠償責任保険が発生した場合は個人賠償責任保険で補償されます。
自転車事故による損害額は極めて大きくなる場合があります

  • ※国内での事故(訴訟が国外の裁判所に提起された場合等を除きます)に限り、示談交渉は原則として東京海上日動が行います
  • ※1 携帯電話、ノート型パソコン、自転車、コンタクトレンズ、眼鏡、1個または1組で100万円を超える物等は、受託品に含みません

ご加入される際のご注意点

「家族型」の補償となるので、ご本人のご契約で家族(配偶者や同居の子どもなど)も補償されます

※下記①~④に規定する方が補償の対象となります
 ①被保険者(保険の対象となる方)ご本人
 ②被保険者(保険の対象となる方)ご本人の配偶者
 ③被保険者(保険の対象となる方)ご本人またはその配偶者の同居の親族※
 ④被保険者(保険の対象となる方)ご本人またはその配偶者の別居の未婚※の子

  • ※親族:6親等以内の血族および3親等以内の姻族をいいます(配偶者を含みません)
  • ※未婚:これまで婚姻歴がないことをいいます

保険金をお支払いする主な場合、保険金をお支払いしない主な場合については、「補償の概要等」をご確認ください。

補償の概要等

個人賠償責任保険の補償の概要等

保険期間:1年

 保険金をお支払いする主な場合保険金をお支払いしない主な場合
個人賠償責任補償特約国内外において以下のような事由により、保険の対象となる方が法律上の損害賠償責任を負う場合

■日常生活に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり他人の財物を壊した場合

■保険の対象となる方が居住に使用する住宅の所有、使用または管理に起因する偶然な事故により、他人にケガ等をさせたり他人の財物を壊した場合

■電車等※1を運行不能にさせた場合

■国内で受託した財物(受託品)※2を壊したり盗まれた場合

▶1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いします。

  • ※国内での事故(訴訟が国外の裁判所に提起された場合等を除きます。)に限り、示談交渉は原則として東京海上日動が行います
  • ※東京海上日動との直接折衝について相手方の同意が得られない場合や保険の対象となる方に損害賠償責任がない場合等には、相手方との示談交渉はできませんのでご注意ください
  • ※他の保険契約または共済契約から保険金または共済金が支払われた場合には、保険金が差し引かれることがあります
  • ※記載している保険金以外に事故時に発生する様々な費用について保険金をお支払いする場合があります
  • ※保険の対象となる方またはそのご家族が、補償内容が同様の保険契約を他にご契約されているときには、補償が重複することがあります。ご加入にあたっては補償内容を十分ご確認ください
  • ※1 汽車、電車、気動車、モノレール等の軌道上を走行する陸上の乗用具をいいます
  • ※2 以下のものは受託品には含まれません
    自動車、原動機付自転車、自転車、船舶、サーフボード、ラジコン模型、携帯電話、ノート型パソコン、コンタクトレンズ、眼鏡、手形その他の有価証券、クレジットカード、設計書、帳簿、動物や植物等の生物、乗車券、航空券、通貨、貴金属、宝石、美術品、データやプログラム等の無体物、1個または1組で100万円を超える物 等
ご契約者または保険の対象となる方等の故意によって生じた損害
地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
・職務の遂行に直接起因する損害賠償責任(仕事上の損害賠償責任※1)によって保険の対象となる方が被る損害
・保険の対象となる方およびその同居の親族に対する損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
・第三者との間の特別な約定により加重された損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
・保険の対象となる方が所有、使用または管理する財物※2の損壊について、その財物について正当な権利を有する者に対する損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
・心神喪失に起因する損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
・航空機、船舶、車両※3または銃器の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
・以下のような事由により、その受託品について正当な権利を有する者に対する損害賠償責任によって保険の対象となる方が被る損害
■保険の対象となる方の自殺行為、犯罪行為または闘争行為
■差押え、収用、没収、破壊等国または公共団体の公権力の行使
■受託品が通常有する性質や性能を欠いていること
■自然の消耗または劣化、変色、さび、かび、ひび割れ、虫食い
■受託品が有する機能の喪失または低下を伴わないすり傷、かき傷、塗料の剝がれ落ち、単なる外観上の損傷や汚損
■受託品に対する加工や修理・点検等の作業上の過失または技術の拙劣に起因する損害
■受託品の電気的事故または機械的事故
■受託品の置き忘れまたは紛失※4
■詐欺または横領
■風、雨、雪、雹(ひょう)、砂塵(さじん)等の吹き込みや浸み込みまたは漏入
■受託品が委託者に引き渡された後に発見された受託品の損壊 等
  • ※1 保険の対象となる方がゴルフの競技または指導を職業としている方以外の場合、ゴルフの練習、競技または指導※5中に生じた事故による損害賠償責任は除きます
  • ※2 受託品、ホテルまたは旅館等の宿泊が可能な施設および施設内の動産、ゴルフ場敷地内におけるゴルフ・カートを除きます
  • ※3 自転車やゴルフ場敷地内におけるゴルフ・カートを除きます
  • ※4 置き忘れまたは紛失後の盗難を含みます
  • ※5 ゴルフの練習、競技または指導に付随してゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内で通常行われる更衣、休憩、食事、入浴等の行為を含みます
無料でFPに相談する

保険の選び方を
プロに相談したい方は

無料でFPに相談する

資料請求する

保険商品パンフレットを見て
じっくり検討したい方は

資料請求する

リクルートグループ団体保険サポートデスク

0120-218-077

営業時間:平日9時〜17時(土日祝日/年末年始除く)

お問合せフォームはこちら

このホームページは、保険の概要についてご紹介したものです。

ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず申込み画面上の「重要事項説明書」をよくご確認ください。

ご不明な点等がある場合には、取扱代理店までお問合せください。

取扱代理店株式会社リクルートファイナンスパートナーズ
保険サービス推進部

お問合せ先はこちら

受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始その他会社指定の休みを除く)

引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社

株式会社リクルートファイナンスパートナーズは
損害保険契約の締結の代理権を有しています。

保険についてどのような検討をしていますか?

新しく保険加入を
検討している方

保険の見直しを
検討している方

期間限定スペシャル特典あり メールマガジン会員募集中

お⾦や日々の生活に関する役⽴つ情報をご案内!

特典の詳細を⾒る

リクルートグループ団体保険 ご加入者の方

ご契約内容の確認やお問合せの方はこちら

ご加⼊者様ページへ