『リクルートグループ団体保険』コラムサイト

キガル、ソナエル

キガル、ソナエルとは?
『キガル、ソナエル』とは?

これからのため、今のため、
「ソナエル」を「キガル」に
考えるメディア

将来に漠然とした不安感を持っている…
そんな方に向けて、このメディアを通じて
少しでも役立つ情報を
お届けしたいと考えています。
肩肘張らずに、「ソナエル」を「キガル」に、
一緒に考えていきましょう。

『キガル、ソナエル』
新着記事を配信!
メルマガ会員募集中
これからのお金のコト

飲み会に趣味に…あればあった分だけ使ってしまう25歳。少しぐらい貯金すべき?

お金の管理が苦手、なかなか貯金ができない、老後の生活が不安…などなど、お金に関するあらゆる悩みに、ファイナンシャルプランナーが答えます!       

株式会社東京海上あんしんエージェンシー 
ライフコンサルタント
内田 優さん

大学卒業後、リクルートに入社。シングルマザーになったことをきっかけに、母として、女性として生きていくうえで本当に必要な「正しいお金の知識」の必要性を感じ、FP資格を取得。
外資系保険会社を経て現在は、お金を通じて人生を豊かにするお手伝いができればと、マネーセミナー講師の他、ライフプラン、リタイアメントプランなどのコンサルティングを行う。

気づけば毎月赤字…まずは何から手を付ければいい?

【相談者】Cさん(25歳・男性/IT関連会社営業職/年収600万円、手取り約470万円・月収約27.5万円)

未婚で一人暮らし。サバゲーやボルダリングなどの趣味や飲み会などが多く、あればあるだけ使ってしまうので、気づけば毎月赤字です。
今は気ままに暮らしているけれど、ゆくゆくは家庭を持つことを考えると、少しは貯金しなければ…と思ったりします。ただ、お金に対して無頓着で、どうやって貯金分のお金を捻出すればいいのかわかりません。私の場合、まずは何から手を付ければいいでしょうか?

月の収支と貯金額

収入(手取り)275,000

支出(内訳)

家賃※1114,000
食費※250,000
光熱費8,000
通信費16,000
趣味娯楽費※380,000
日用消耗品7,000
保険医療費0
雑費5,000
貯金0
合計※4280,000
貯金額100,000

単位(円)
※1:門前仲町の1DKのマンション。
※2:毎日ほぼ外食。
※3:飲み会代のほかサバイバルゲーム参加費や道具代、ボルダリングジムの会員費など。
※4:5,000円の赤字分はボーナスで補てん。

まずは全体を俯瞰して見ること。それから支出に優先順位を

人によってライフスタイルや価値観は異なります。優先したい支出も人それぞれであり、まずはCさんご自身が「何にどれくらいお金を使っているのか」をきちんと把握することが重要かと思います。

毎日ほぼ外食になってしまったり、飲み代や自分の趣味にお金を使ってしまうことは、25歳という年齢から見ても、決して珍しいことではないでしょう。ただ、これからCさんが将来的なことを考えていくのであれば、支出に優先順位をつけて、いくつかの支出項目から少しずつ貯金に回していくのもひとつの方法です。もしCさんが真剣に貯金を考えるのであれば、参考にされてみてはいかがでしょうか?

まずは家賃です。一般的に賃貸の家賃の上限は、手取り額の3分の1を目安に設定するといいと言われています。Cさんの手取りで考えると93,000円までが妥当額。少なくとも10万円以下に留めたいところです。そして、趣味娯楽費の80,000円ですがこれを機に飲み会の回数を減らしたり、趣味の支出を少し抑えるよう見直してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、繰り返しになりますが、これらの支出がCさんにとって優先順位が高いのであれば、必要以上に削る必要はありません。使うところは使い、締めるところは締める。自分の中で優先順位を決め、支出全体のバランスを取りましょう。

「この家は会社から近いので引っ越したくない」のであれば、家賃はそのままに趣味娯楽費を見直してみる、「趣味や飲み会は削りたくない」ならば、家賃などほかの支出を削るようにすれば、貯金に回せるお金が少しは捻出できるようになります。

「目立つ支出を少しずつ抑えて貯金に回す」という方法であれば、仮に家賃を10万円に抑え、食費を1万円削って4万円に、趣味娯楽費を2万円削って6万円にすることで、毎月4万4000円の貯金が可能です。このように考えれば、貯金が少しは現実的なものに感じられるのではないでしょうか。

「給料日の口座引き落とし」で「先取り貯金」する方法も

Cさんは「あればあるだけ使ってしまうタイプ」とのこと。もしかしたら、手元にお金があるから趣味娯楽費に多く費やしてしまうのかもしれません。

今のCさんにとって重要なのは、「貯金の習慣をつける」こと。まずは、口座引き落とし等で「先取り貯金」を始めてはいかがでしょうか?
給与が振り込まれた直後に数万円、と決めてしまえば、無理なくお金を貯められると思います。

貯金額の目安は、一般的に独身世帯であれば手取り額の最低でも10%、もう少し頑張れるようであれば15%ほどと言われています。Cさんの場合は30,000円弱~40,000円ほどが一つの目安になります。前述した「目立つ支出を少しずつ抑える方法」であれば、これぐらいの額は大きな負担なく貯金に回せるかもしれません。

ただ、これはあくまで目安です。無理のない範囲で貯金額を決め、残った分を自身の優先順位に合わせて割り振り、使うようにしてください

将来に備えるなら、一部を投資などに振り分けてみる

今は超低金利時代。預貯金をそのまま銀行口座に置いておくだけでは、なかなかお金は増えません。むしろ長期視点で見れば、インフレによりお金の価値自体が目減りする恐れがあります。将来に向けて備えるのであれば、預貯金の一部を運用に回すことも視野に入れるといいでしょう。

投資にも色々な種類があるので、どんなものが自分に合っているのか見極めることも重要です。
投資の基本は長期運用・積立投資・分散投資です。今まで投資をやったことがないという方は長期・積立・分散投資ができる制度や金融商品を活用されることをお勧めします。
投資初心者にはハードルが高いと思われるかもしれませんが、国の公的な制度として注目を集めている「つみたてNISA」や「iDeCo」であれば挑戦しやすいと思います。毎月4万円貯金するのであれば、その半分の2万円を投資に回してはいかがでしょうか?他にも様々な金融商品があるので、まずはお金のプロであるファイナンシャルプランナーなどに相談してみてもいいと思います。

「お金が人生のすべて」というわけではありませんが、「お金がないとできないことが多い」のもまた現実です。将来に向けて「選択肢をできるだけ多く」持つことも今後の人生を考える上で大切なことかと思います。これを機に、ぜひお金とじっくり向き合う時間を作ってほしいですね。


Cさんはまだ25歳、時間はたっぷりあるので、貯金も運用もさまざまな方法が選択可能です。「運用なんてわからない、面倒くさい」ではなく、「将来に向けての一つの楽しみ」と捉え、前向きに臨んでほしいと思います。

WRITING 伊藤理子

キガル、ソナエルとは?

このホームページは、団体保険(正式名称:団体総合生活保険)の概要についてご紹介したものです。

ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず申込み画面上の「重要事項説明書」をよくご確認ください。

ご不明な点等がある場合には、取扱代理店までお問合せください。

取扱代理店 株式会社リクルート
リクルートグループ団体保険 事務局

お問合せ先はこちら

受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始その他会社指定の休みを除く)

引受保険会社
(団体総合生活保険)
東京海上日動火災保険株式会社

株式会社リクルートは
損害保険契約の締結の代理権を有しています。

保険についてどのような検討をしていますか?

新しく保険加入を
検討している方

保険の見直しを
検討している方

期間限定スペシャル特典あり メールマガジン会員募集中

お⾦や日々の生活に関する役⽴つ情報をご案内!

特典の詳細を⾒る

リクルートグループ団体保険 ご加入者の方

ご契約内容の確認やお問合せの方はこちら

ご加⼊者様ページへ

保険についてどのような検討をしていますか?

新しく保険加入を
検討している方

保険の見直しを
検討している方

期間限定スペシャル特典あり メールマガジン会員募集中

お⾦や日々の生活に関する役⽴つ情報をご案内!

特典の詳細を⾒る

リクルートグループ団体保険 ご加入者の方

ご契約内容の確認やお問合せの方はこちら

ご加⼊者様ページへ