リクルートグループ
団体保険とは

団体保険制度は、福利厚生制度の一環
として企業(=団体)が保険契約者となり、
その団体に所属する者を被保険者※1
することができる保険制度です。
団体保険制度は、国内2,000以上の企業・団体で「福利厚生制度」として採用されています。
企業において40%以上の割引率を適用している団体は約4.7%※2しかありません。

  • ※1 被保険者:保険の補償を受ける人
  • ※2 リクルートファイナンスパートナーズ調べ(東京海上日動データベースより)

リクルートグループの
福利厚生制度
だからこそのメリット

メリット 1
団体割引等により、保険料が40%割引!

リクルートグループ団体保険は、40%の割引率を適用しており、非常に価格メリットのある制度です。

  • ※保険期間:2021年2月1日~2022年2月1日の契約に適用されます
  • ※就業不能保険のみ、30%割引の適用になります
  • ※割引率は毎年見直されます
保険料イメージ(傷害保険)
※東京海上日動火災保険株式会社の保険商品で比較
保険料イメージ(傷害保険)
  • ※1「からだの保険(傷害定額)」
  • ※2「リクルートグループ団体保険 傷害保険(A01タイプ)」:団体総合生活保険
団体保険の仕組みについて詳細はこちら

メリット 2
ご家族も一緒に加入できる

3人家族のイラスト

配偶者、お子様、ご両親、ご兄弟、同居されている親族の方も加入できます。ご家族の方だけの加入も可能です。

  • ※保険期間:2021年2月1日~2022年2月1日の契約に適用されます
  • ※割引率は毎年見直されます

メリット 3
退職後/契約終了後
保険契約が継続できる!

退職後の継続についてのグラフ

ただし、退職してから新規で保険加入することはできません。

  • ※保険期間:2021年2月1日~2022年2月1日の契約に適用されます
  • ※就業不能保険のみ、30%割引の適用になります
  • ※割引率は毎年見直されます

リクルートグループ団体保険は
どんな制度?

リクルートグループ団体保険の
保険商品は全8種類!

月払保険料イメージ(30~34歳 女性の場合)

  • ※保険期間:2021年2月1日~2022年2月1日の契約に適用されます
  • ※割引率40%適用(就業不能保険のみ割引率:30%)
  • ※割引率は毎年見直されます
医療保険 月々620円~
がん保険 月々90円~
就業不能保険 月々490円~
個人賠償責任保険 月々110円
傷害保険 月々720円~
介護保険 月々10円~
携行品損害保険 月々100円
ホールインワン保険 月々180円

『リクルートグループ団体保険』を
くわしく知りたい方へ

なぜ保険料がこんなに安いの?

団体割引等により、40%の
割引率が適用されているためです

■その1
団体保険制度は団体(会社)側が制度運用の一部(制度のご案内や保険料の集金など)を保険会社に代わって行います。そのため保険会社の経費を削減でき、個人契約と比較して保険料が安くなります。

■その2
リクルートグループ団体保険の場合、①多くの方にご加入いただけていることで“規模のメリット”による割引、②過去の保険金支払実績が少ないこと(事故が通常の団体よりも少ないこと)による優良割引、の2つの割引が適用されることで40%割引でご加入いただけます。

  • ※保険期間:2021年2月1日~2022年2月1日の契約に適用されます
  • ※就業不能保険のみ、30%割引の適用になります
  • ※割引率は毎年見直されます

リクルートグループ団体保険は
「掛け捨て保険」?「貯蓄型保険」?

リクルートグループ団体保険は
「掛け捨て保険」です

リクルートグループ団体保険は「掛け捨て保険」です。貯蓄型保険と異なり、掛け捨て保険には満期保険金や解約返戻金はありませんが、その分保険料が割安です。(長期間の保険契約を前提とした)貯蓄型保険と比較して、掛け捨て保険は必要な期間、必要な補償だけに絞って加入することにも適しています。

掛け捨て保険

(貯蓄型保険と比較して)
保険料が割安

リスクに対して必要な備えをしておきながら、他の方法で資産形成をすることができる

貯蓄型保険

資産形成の手段の
ひとつとして活用できる

リスクに対して必要な備えをしておきながら、
他の方法で資産形成をすることができる

年齢が上がるにつれて、
保険料も上がるの?

医療保険やがん保険などは年齢ごとに
保険料が設定されています
その分、「若い世代」の保険料は
特に割安です

医療保険などは年齢ごとに保険料が設定されているため、
年齢が上がるにつれて保険料が上がります(5歳刻みで設定)
保険料が加入時から変わらない保険とは違い、「リスクに応じた保険料を支払う」保険なので、
リスクが相対的に低い若い世代の保険料が特に割安になります。

一般的な終身型の医療保険との比較

一般的な医療保険 ・保険料は加入時で固定 ・リスクに対して一定期間は割高→保険の見直しがしにくい
リクルートグループ団体保険の医療保険 ・保険料は5歳刻みで設定 ・リスクに合った保険料→保険の見直しがしやすい

『リクルートグループ団体保険』
の補償は終身なの?

『リクルートグループ団体保険』
の下記商品には更新可能年齢に
上限があります

医療保険

70歳まで保険加入・更新が可能

がん保険

70歳まで保険加入・更新が可能

就業不能保険

E01・E02・E11・E12タイプは59歳まで、E21・E22タイプは68歳まで保険加入・更新が可能

介護保険

84歳まで保険加入・更新が可能

『リクルートグループ団体保険』以外で
「終身保険」の取扱いもしております

終身の保障をご希望の方のために、他社の終身保険の取扱いも行っております。
詳細は「取扱い商品一覧」ページをご覧ください。

『リクルートグループ団体保険』は
更新が必要?

1年ごとに契約の更新をいただく保険ですが
契約内容の変更が必要ない場合には、
原則契約が自動更新されます

リクルートグループ団体保険は1年ごとに更新を迎える保険です。
更新のタイミングでご自身の補償内容を見直すことが可能です。
契約内容の変更(補償の見直しや解約)が必要ない場合には原則、契約が自動的に更新されますのでご安心ください。

まとめリクルートグループ団体保険の特徴

  • 割引率最大40%保険料は割安に
  • 保険料は年齢ごとに設定、「若い世代」は割安
  • 医療保険などは、更新可能年齢の上限あり
  • 1年ごとに更新、変更ない場合は原則自動更新

だから、特にこんな方に向いてます!

「初めての保険」として利用

「まったく保険に入らないのは、もしもの時に不安…」
「でも、なるべく保険料は安く抑えておきたい」
と考える方は、ぜひご利用ください。

おすすめプランはこちら
「補償の穴埋め」として利用

すでに保険に入っている方は、今の保険ではカバーしきれない補償の穴を埋めるために、ぜひご利用ください。

おすすめ見直しプランはこちら

リクルートグループ団体保険 
詳しい説明はこちら

リクルートグループ団体保険の加入対象

1. 以下のいずれかの条件を
満たしている方

以下26社で現在就業中の役員・
従業員(正社員、契約社員、
パート社員、アルバイト)の方

(株)リクルートホールディングス(株)リクルート(株)リクルートライフスタイル沖縄
(株)シーナッツ(株)リクルート北海道じゃらん(株)リクルートオフィスサポート
(株)リクルートマネジメントソリューションズ(株)リクルートカーセンサー(株)リクルートエグゼクティブエージェント
(株)ジョブダイレクト(株)リクルートキャリアコンサルティング(株)リクルートゼクシィなび
(株)ホームプロ(株)ニジボックス(株)リクルートメディカルキャリア
(株)リクルート北関東マーケティング(株)リクルートスタッフィング(株)リクルートスタッフィングクラフツ
(株)リクルートスタッフィング情報サービス(株)リクルートR&Dスタッフィング(株)スタッフサービス・ホールディングス
(株)スタッフサービス(株)テクノ・サービス(株)スタッフサービス・オフィスマネジメント
(株)スタッフサービス・ビジネスサポート(株)スタッフサービス・クラウドワーク

以下3社のいずれかに登録しており、
現在就業中の派遣スタッフの方

(株)リクルートスタッフィング(株)スタッフサービス(株)テクノ・サービス

2. 上記役員、従業員、派遣スタッフの方のご家族
(配偶者、子ども、両親、兄弟および同居している親族)の方

保険にご加入いただける方

Ⓐ ご加入者❶ の団体の構成員の方
Ⓑ Aの方のご家族配偶者、お子様、ご両親、ご兄弟
(同居・別居を問いません)
Aの方と同居されているご親族の方
同居・別居を問わず
ご加入いただけるご家族
同居・別居を問わずご加入いただけるご家族
同居のみご加入いただけるご家族
同居のみご加入いただけるご家族
  • ※ご両親、ご兄弟:配偶者のご両親、ご兄弟(義父母、義兄弟・姉妹)も含まれます
  • ※親族:6親等以内の血族および3親等以内の姻族をいいます(配偶者は含みません)

【ご注意事項】

  • ※在職時に加入された方のみ、退職後・契約終了後もご契約を継続(更新)することができます
  • ※退職後・契約終了後に新規加入はできません
  • ※保険の対象となる方(被保険者)ご本人の年齢等の加入条件がある保険があります
  • 詳しくは以下の詳しい加入条件より、「各保険商品ごとの加入条件について」をご確認ください
無料でFPに相談する

保険の選び方を
プロに相談したい方は

無料でFPに相談する

資料請求する

保険商品パンフレットを見て
じっくり検討したい方は

資料請求する

リクルートグループ団体保険サポートデスク

0120-218-077

営業時間:平日9時〜17時(土日祝日/年末年始除く)

お問合せフォームはこちら

このホームページは、保険の概要についてご紹介したものです。

ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず申込み画面上の「重要事項説明書」をよくご確認ください。

ご不明な点等がある場合には、取扱代理店までお問合せください。

取扱代理店株式会社リクルートファイナンスパートナーズ
保険サービス推進部

お問合せ先はこちら

受付時間:9時〜17時
(土日祝日、年末年始その他会社指定の休みを除く)

引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社

株式会社リクルートファイナンスパートナーズは
損害保険契約の締結の代理権を有しています。

保険についてどのような検討をしていますか?

新しく保険加入を
検討している方

保険の見直しを
検討している方

期間限定スペシャル特典あり メールマガジン会員募集中

お⾦や日々の生活に関する役⽴つ情報をご案内!

特典の詳細を⾒る

リクルートグループ団体保険 ご加入者の方

ご契約内容の確認やお問合せの方はこちら

ご加⼊者様ページへ